運動神経が良い!スポーツが大好き! そんな子どもを育てるために サッカーコーチのブログ

アデレードでサッカーレッスンを行なっているコーチのブログ。

サッカーともう一つ習い事をさせるなら...

日本では、子どもが複数のスポーツを習うことはあまりありません。

 

でもオーストラリアでは、スポーツはシーズン制ということもあり、複数のスポーツを習ってる子どもたちが結構います。

 

サッカーのスキルを磨くために、サッカーに専念することは良いことです。

 

しかし、他の習い事を組み合わせることで、相乗効果が生まれます。

 

最近、レッスンに来た女の子は、体操をやっていたため、柔軟性に優れていました。

 

サッカーでは意外と柔軟性が重要です。

 

それは、サッカーではボールが浮くことがよくあるからです。

 

手は使えないため、浮いたボールを足でコントロールしたり、蹴ったりすることがよくあります。

 

もちろん、頭は使えますが、ヘディングでは強いボールが打つのが難しかったり、横に来たボールには触れないため、サッカー選手にとって股関節の柔軟性は重要です。

 

プロサッカー選手でも、サッカー以外のスポーツから柔軟性を養い、それを活かしてる選手がいます。

 

例えば、ACミランに所属するズラタン・イブラヒモビッチ選手です。

 

彼は4つの国リーグで優勝を経験し、5度の得点王を獲得したストライカーです。

 

その彼の得点力の要因の一つは柔軟性です。

 

幼少期からテコンドーを習い、柔軟性があるため、アクロバティックなシュートを打つことができるんです。

 

そんなサッカーで意外と重要になる柔軟性ですが、基本的に練習ではほとんどトレーニングしません。

 

ウォーミングアップなどで、ストレッチをすることはあります、

 

でもそれは柔軟性を養うことを目的としたものではありません。

 

そのため、サッカーをしてる子どもの中には、たくさん身体が硬い子どもがいます。

 

なので、サッカー以外にもう一つ習い事をさせるなら、体操や格闘技は良いかもしれません。

 

いずれにしろ、サッカーとは全く異なることをやった方が、異なる運動能力や身体能力、スキルを身につけることができます。

 

ちなみに、水泳を習う子どもはたくさんいますが、個人的には、水泳のスキルは他のスポーツにあまり役立たないと思います。

 

もちろん身体全体の筋力をつけるには良いでしょう。

 

お子さんが、サッカーともう一つ習い事をできるとすれば、どんな習い事が良いでしょうか?

南野拓実選手から学ぶ小学校年代の練習方法

先日、世界一のクラブとなったイングランドの強豪FCリバプールに移籍した南野拓実選手。

 

彼の武器はテクニックです。

 

具体的に言うと、正確なボールコントロール技術です。

 

決して身体能力に優れているわけではありませんが、持ち前のテクニックで日本代表でもオーストリアリーグでもゴールを決め続けてきました。

 

彼のその正確なボールコントロール技術は、小学校時代に培われました。

 

個人技術の向上に特化してることで有名なサッカースクール 、「クーバー・コーチング」に小学校3年生の頃から通い続け、技術を磨いたのです

 

他にも堂安律選手や中島翔哉選手といった日本代表選手が少年時代にクーバー。コーチングに通っていました。

 

クーバー・コーチングでは、神経系の発達が著しい小学年代の子どもたちに、技術向上に特化した練習に取り組ませ、基礎から応用まで様々なボールコントロール方法を培うことができるように指導します。

 

もちろん、技術だけでなく、身につけた技術を試合でどう活かすか、戦術的な要素も含めた指導にその後は発展します。

 

中学校年代に入ると、個人技術を伸ばすのは非常に難しくなります。

 

南野選手のように、小学校年代から、きちんと基礎から教えてくれるサッカースクールに通うことは、スキルアップを目指す上でとても大切です。

 

なんとなくサッカーをさせてるだけでは、自分が出来るプレーしかしません。

 

なので、新しいスキルを獲得し続けることが出来ません。

 

そのような子どもは、矯正させられないままでいる変な癖を持っていることが多いです。

 

何事でも土台が大切です。

 

サッカー選手の土台の一つは基礎技術です。

 

小さい頃からサッカーをきちんと習わせることの最大のメリットは、その基礎技術を培うことができることです。

 

子どもたちが、南野選手のように、小さい頃に基礎技術を身につけることができれば、その後、試合で色々な技術を発揮し、たくさん相手を抜いたり、ゴールを決めたりして、サッカーをたくさん楽しめるようになるでしょう。

子育てに活かせるサッカー指導の原則: 成功体験を植え付ける

息子のトイレトレーニング、1週間が経過。

 

順調に進んでいます。もう成功率は9割近いのではないでしょうか!

 

今日も、出先でもきちんとトイレに行ってできたようです。

 

最初は失敗が多かったのが、今では成功の方が断然多い。

 

その背景には「成功体験」が彼の頭と心に植え付けられたことが大きなこととしてあると思います。

 

サッカーの指導でもそうですが、子どもが「成功体験」を積み重ることができるように導くことは大切です。

 

そして、それだけでなく、成功体験を頭と心に刻み、自信を持ち、前進し続けることができるように励ますことも大切です。

 

そういう意味で、今回、妻が活躍してくれました。

 

息子が成功する度に、目一杯褒めて喜んであげ、時にはダンスまでして、彼の成功を一緒に楽しくお祝いしてあげていました。

 

途中、私が息子の'失敗'体験を息子の心と頭に植えつけるような怒り方をしてしまいました。それによって、トイレトレーニングを投げ出しそうになった息子ですが、妻の応援に励まされ、すっかりトイレで自分で出来るようになりました。

 

今回のことを通しても、子どもの成功体験を、子どもの自信の糧になるように、褒めたり、一緒に喜んだりしてあげることの重要性を再確認させられました。

 

大人にとって当たり前のことを子どもができたとしても、大人は薄い反応で終わってしまいがちです。

 

子どもの立場に立ち、一緒に出来ないことが出来るようになるプロセスを踏んでいってあげることが大切ですね。

子育てに活かせるサッカー指導の原則: 適度な緊張感の維持

現在、我が家では息子のトイレトレーニング真っ最中。

 

月曜日からスタートし、今日で6日が経過しました。

 

ここまで徐々に成功率が上がってきています。

 

ただ、最初の頃はわりとよく失敗しました。

 

その度に私は、結構怒ってしまいました。。。

 

怒ればもっと成功するようになるかといえば、そうではありません。

 

しまいには、トレーニング途中で「もうパンツは嫌だ!オムツが良い!」と叫ばれました。。。

 

サッカー指導の原則の一つに「適度な緊張感の維持」があります。

 

簡単にいえば、(サッカーに限らず)スポーツのパフォーマンスは、緊張感がなさ過ぎても、あり過ぎても、下がってしまいます。

 

緊張のレベルが高過ぎると、力みや焦り、注意散漫などの状態に陥ってしまいます。反対に、低過ぎると、集中できずにミスを繰り返します。

 

大切なのは、適度な緊張感に選手を導くことです。

 

ここで詳しくは触れませんが、そのために色々な方法・手段を取ることができます。

 

息子のトイレトレーニング中に私が失敗したのは、まず息子に緊張感を与え過ぎたことです。

 

息子がお漏らしすることが怖い私は、2分に1回ぐらい「トイレ大丈夫?」と聞いていました。

 

そして、失敗した息子に向かって、怒ってしまったのです。

 

結果、息子は緊張感を感じすぎ、嫌になってトレーニングを放棄しようとしました。。。

 

スポーツの指導でも同じようなことがわりとよく起こるでしょう。

 

特に日本では、「恐れ」によって選手をコントロールしようとする指導者が多くいるように見受けられました。

 

選手に厳しく接し、「恐れ」を与えることで、良いプレーを引き出そうとするのです。

 

しかし、指導者の思惑とは異なり、選手が指導者を恐れれば恐れるほど、最高のパフォーマンスを発揮することは難しくなります。

 

子育てにおいても、例えば子どもが試験を受ける時に、親は子どもにあまりプレッシャーを与えすぎてはいけないでしょう。もちろん、子どもが怠けてるようであれば、緊張感を与える必要がありますが、恐れさせることによって、子どもをコントロールしようとしてはいけません。緊張感が高まり過ぎ、逆効果になります。

 

子どもが自分自身の能力を存分に発揮して生きるために、親にできることは子どもが適度な緊張感を持てるように助けることです。

 

トイレトレーニングで失敗しても、怒ってはいけません!(自分に言い聞かせます!)

子育てに活かせるサッカー指導の原則: 一貫性

もうすぐ3歳になる息子は、たまに食事中にテーブルを蹴って遊びます。

 

先日も、ハイチェアに乗った状態から脚を振って、テーブルをドンドンと軽く蹴っていました。

 

思いっきり蹴って大きな音を立てていたわけではありませんし、お客さんが来ていたわけではありませんが、やめるまできちんと注意しました。

 

テーブルを蹴ることを注意するのはテーブルマナーを身につけさせたいことの他に、しつけを一貫させる必要があると考えるからです。

 

サッカー指導の原則に「一貫性」があります。

 

指導者の言ってることは基本的に一貫していなければなりません。

 

例えば、練習の時に言ってることと、試合の時に言ってることは同じでなければならないのです。

 

練習で求めていないことを、試合で求めることはアンフェアです。それは求め過ぎであり、普段出来ていないことを子どもに求めても突然出来るようになるはずがありません。しかし、指導者は目先の結果を求める時に、そのような言動を取ってしまうのです。

指導者は、試合で求めるプレーを、練習でも一貫して求めるべきです。

 

子育てにおいても、外に出た時に、突然普段求めていないことを子どもに求めるのはアンフェアです。普段はほとんど言わないことを、出先で子どもに厳しく言ってしまい、子どもが怒ったり、大泣きしたりした、という経験が私にはあります。。。 

 

親は、外に出た時に子どもに取ってもらいたい言動、態度を取るように家でしつける必要があると思います。

 

もちろん完璧には出来ませんし、完璧にやる必要もないと思いますが、一貫性の欠如によって子どもを傷つけないためにある程度配慮する必要があるでしょう。

 

同じような理由から、我が家では、子どもに家でも敬語を話すように求めています。もちろん敬語だけを話させてるわけではありませんが、基本的にはお母さんにはカジュアルな話し方で、お父さんには敬語で、と使い分けるように促しています。

 

小さい頃からそうしてるので、息子はほとんどストレスを感じずに、ある程度使い分けられるようになっています。

 

もし、普段敬語を話さない彼が、外に出た時に、または、将来大きくなった時に、敬語を話すように求めても、それは海外で育つ子どもにとってはかなりハードルが高いでしょう。だから、今のうちから外での、色々な場面で日本語をある程度きちんと使えるようにトレーニングしてます。

 

やがて子どもは巣立ちます。

 

選手も試合では自分でプレーします。

 

その時のために準備が必要です。

 

そして、その時に求めることを、一貫して普段から求める必要があります。

Jリーグ優勝のオーストラリア人監督に学ぶ「信念」の大切さ

今季、Jリーグで優勝した横浜F・マリノスの監督はオーストラリア人です。

 

名前はアンジ・ポステコグルー

 

元オーストラリア代表監督で、昨シーズンからマリノスを率いていました。

 

マリノスはたくさんの有名選手を輩出し、リーグ優勝は3度の名門クラブでしたが、長らく低迷し、15年間も優勝から遠のいていました。

 

そのマリノスが今季4度目となるリーグ優勝を成し遂げましたが、名門復活の立役者はアンジ監督です。

 

アンジ監督が就任した昨シーズンから今シーズン途中まで、多くの主力選手がクラブを去っていきました。スタメンの入れ替わりが激しくなる中でも、うまく戦力を補強し、アンジ監督が掲げるサッカーを信念を持って継続した結果、マリノスはチャンピオンとなったのです。

 

アンジ監督は揺るぎない「信念」を持った監督です。

 

昨年は降格の危機にも直面しましたが、それでも自身のサッカースタイルを捨てませんでした。多くの批判に耐え、今季は一転して優勝争いを繰り広げ、Jリーグ王者となりました。

 

アンジ監督のように、「信念」を持つことは非常な大切なことです。

 

なぜなら、信念がその人の思考や感情、言葉や行動に大きな影響を与えるからです

 

また、ひいては選手やサポーター(応援してくれる人)にも影響を与えます。実際に彼のサッカーは多くの人を魅了し、優勝を決める試合となった最終節にはJリーグ戦史上最多となる6万3千人の人々がスタンドに足を運びました。

 

アンジ監督が就任する前、マリノスの社長は時期監督候補を10人に絞り、その一人一人と直接面談しました。

 

社長がアンジ監督を任命する要因となったのは、やはり彼の強い信念でした。

 

他の監督候補たちは、自分自身の待遇やクラブの環境などに関して質問する中、アンジ監督はそれらを一切せず、「優勝を目指しますか?」と社長に問うたそうです。

 

このアンジ監督の姿勢に私自身も多くを学ばさせられます。

 

サッカーコーチとして

 

「何のためにコーチをしているのか」

 

「自分は一体何を目指しているのか」

 

を明確にすることはとても大切です。

 

そこから信念が生まれるからです。

 

そして、その信念が良い時も悪い時も自分自身に良いものを与え続けてくれます。

 

具体的には、

良い思考、

良い感情、

良い言葉、

良い行動を。

 

悲しいことに、このような根本的、哲学的なことは、 多くのコーチがあまり重要視してないように思われます。

 

「大きな目標」を掲げることはみんなしますが、

 

「なぜ、あなたはコーチをしてるのですか?」

 

という質問に答えられないのです。

 

自分自身が選手として目標を掲げて努力してきた元選手の現監督にとって、

 

「なぜ」と問う前に、「大きな目標」を掲げることは'良い'こと、ある意味'当たり前'のこととされています。

 

監督として、

 

「大会で優勝する」

 

「プロ選手を輩出する」

 

「クラブを大きくする」

 

という目標を掲げていても、結局はそれは自分自身の満足に由来するものであり、「一体なぜそのような目標を掲げてるのですか?」と問われても、きちんと答えられないのです。

 

そのように考えると、監督は「愛の人」でなければならないと思わされます。

 

あくまで選手が主役であり、監督は脇役です。

 

「コーチ」という言葉の語源が馬車であるように、コーチは選手を選手の目的地に導く役割を担った存在です。決して、自分自身の目的地まで選手たちによって運んでもらうような存在ではなりません。つまり、選手を'使って'、自分自身の目標を叶えることを優先したり、自分自身の満足を何よりも得ようとしてはいけません。

 

「愛」とは、他者の益となる事を行う事です。

 

今、目の前にいる子どものために、自分自身に何が出来るのかを考えることから、愛の行い(良い指導)が生まれます。

 

コーチが持つべき信念も、愛に根差したものであることが求められるでしょう。

子どもがスポーツの能力を自慢に思うのは良いこと?

先日、親戚のおばさんと話していた時のことです。

 

彼女の孫息子たち(男三人兄弟)の話になりました。

 

彼らにはそれぞれ特徴があります。

 

長男は勉強が得意です。

 

三男はスポーツが得意です。

 

得意分野のある二人とは異なり、次男は長男ほど勉強はできず、三男ほどスポーツが出来ません

 

そんな彼のことを、おばさんは少し心配してる様子でした。

 

私もその話を聞いて、彼のアイデンティティのことが特に気になりました。

 

というのも、子どもにとって、自分に得意なことかあるかどうかは、その子のアイデンティティや自信、態度に関わる事からです。

 

私自身の学校時代を振り返っても、スポーツや勉強がよく出来た友だちは周りからもてはやされ、自分自身でもそのことを誇りに思っていたと思います。

 

何か得意なことがある、はっきりとした長所があるということは、自分自身の拠り所になるのです。自己実現が良いものとされる現代では、尚更そうでしょう。

 

先ほどの話に戻りますが、次男は高校卒業後、大学には行かずに地元の田舎町で就職先を探すことになるだろうとおばさんは話していました。

 

彼のように他の子よりもスポーツにも勉強にも秀でていない子どもにも、また、秀でている子どもにも、周りの大人が自分自身のアイデンティティを築く助けをすることはとても大切です。

 

簡単に言えば、大人たちが子供の「能力」よりも「態度・取り組み」にフォーカスを当て、それらを評価してあげることが重要です。

 

「能力」ばかり評価してしまうと、「能力」がある自分にこそ価値があると思ってしまいます。能力がなければ、または、怪我などで失ってしまえば、自分の存在価値が失われ、アイデンティティを喪失してしまいます。

 

しかし、人間の尊厳、存在価値は「能力」によって決まるものではありません。

 

試合でゴールを決めたかどうか、ミスをしたかどうかよりも、一生懸命頑張ったかを評価してあげましょう。

 

学校のテストで良い点数を取れたかどうかよりも、日頃から誠実に勉強に取り組んでいるか、テストのためにきちんと努力したかを褒めてあげましょう。

 

そのような親の働きかけが、子どもが健全な心を育む助けになるのだと思います。

 

子どもがスポーツの能力を自慢に思うのは良いことでしょうか?

 

もしその子のアイデンティティが自分自身の「能力」にあるのならば、私は良いことではないと思います。

 

仮にスポーツや勉強がよく出来なかったとしても、子どもが自分を卑下したり、自分自身の存在価値を見失わったりせずに、前を向いて生きていけることの方が素晴らしいと思います。